2015年10月21日

ポスコの免税レジシステム 〜@現場の声〜

こんにちは営業の石塩です。

先日新聞を読んでいた際、【2015年度日本を訪れた外国人観光客1,300万人超え】という記事を見つけました。
年々増える外国人観光客。

日本でのショッピングを旅の目的としている観光客も多く、現在日本には19,000店ほどの免税店がありますが、東京オリンピックに向けてますます増えていくようです。

ポスコでは免税システムを1年前に開発し、販売してまいりました。
この度、お客様からご相談を受け、いくつか新機能を追加しましたので、このブログでご紹介していきます。


まず今回は、免税店の現場で何が問題となっているか、実際の【現場の声】をまとめました。

現場の声
・外国人観光客に日本の免税システムを説明するのが一苦労※チョコレート1個でも免税になると思ってレジに並ぶ方もいる!
・レジの途中あといくらで免税になるか聞かれるがうまく答えられない

・英語、中国語、韓国語での説明ができなくて困っている

・パスポートの写し(手書き)に時間がかかり、書類作成に手間取っている


お客様とお話しする中で、「正確な免税処理が可能なレジ」だけでなく、「対外国人観光客に配慮したレジ」であるべきだと痛感しました。


このブログをご覧いただいている方の中にも、今回ご紹介した【現場の声】をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非一度ポスコまでご相談ください。
親身になって解決のお手伝いをいたします。


次回は〜A新機能のご案内〜についてご紹介いたします。
お楽しみに!
posted by poscobiz | Comment(0) | イシジオ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
POSレジ・POSシステムのポスコ